P1 POLE POSITION 開幕直前 増刊号

By | 2015-08-28

待ちに待ったP1GPがいよいよ開幕する。

前日に行われたフリー走行では、2014総合チャンポンの黒ニック(営農サンバーズ)が他を寄せ付けない圧倒的な速さを見せ、仕上がりは順調な様子。続いて速さを見せたのが、2013総合チャンポンの鈴マッハ(Scuderia PEC)だった。トップの黒ニックに肉薄するも、自爆しフリー走行を終えた。また、OLD McLARENの2台も目が離せない。Clearはテストを重ねるごとにタイムを更新し、順調にマシンを仕上げている。OLD McLARENのもう1台、FullesutFishも今年は調子がいいようだ。フリー走行では常に上位につけており、マシンの感触はいいようだ。迷門パムラーリのマンセルは、ここに来て調子を落としているのか、マシンのフィーリングに苦労しているようだ。

 

今年のP1GPは、例年以上の混戦が予想される。歴代チャンピオンががっぷり四つの構えだ。

最強Mercedeschは今年もkazamidori、MaWinterのチャンピオン・コンビで参戦だ。もっともチャンピオンに近いチームと言えよう。またOLD McLARENのFullesutFishも今年は調子がいい。またScuderia PECのSuzumacherも気合十分な様子で今年も目が離せない。また昨年のチャンポンである営農サンバーズのChronicは、前年から引続き好調を維持している。PAMRRARIのマンセルはダメなようだ。期待したいが期待しない方がいい。

 

しかし、歴代チャンピオン以外にもチャンピオン候補は沢山いる。前年総合ランキング2位と速さを見せたP1界のITドライバーDotはP1界きっての頭脳派ドライバー。いつチャンピオンになってもおかしくない。さらに最近、最も安定感が増してきたのがClearだろう。今年は表彰台の常連になるか、期待したい。また、参戦2年目のLEOも徐々に速さを見せ始め、今年の注目ドライバーだ。さらに、昨年の後半戦で輝かしい活躍を見せたKazane、WeedoorneのScuderia Kaza Rossoコンビも見逃せない。また、荒れたレースにめっぽう強く、経験豊富なMaldonardsのFSBとkatsuの2台も注目だ。今年は初優勝なるか!?期待したい。さらにTEAM派遣で今年も健在、LÄ-PPISCH。経験も積み徐々に速さを見せ始めている。今年の目標は初優勝だ。またP1GPピカピカの1年生、ルーキードライバーMaiggonenはステアリングを新調し、やる気十分。開幕準備OKだ!

 

なお、パムラーリのエースPamrostは、嬉しい事にご家族が1人増えたとのことで、しばらくお休みだ。幸せをおもいっきり満喫してもらいたい!また、営農サンバーズのダッチネンはマシンの調整待ちだ。早く仕上がってほしいものだ。お前の走りと動画を早く見たいぞ!待ってるぞダッチネン!!

 

今年はどんなドラマが待っているのか!2015 P1GP まもなく開幕だ!!

(記事:Ext)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。