<重要なお知らせ> 第9戦オーストリアGP

By | 2016-12-16

合同テスト中にタイヤウェアの摩耗に関するバグ(?)が発見された為、特例ルールを設けます。
内容としてはスタートタイヤで柔らかいコンパウンドを履いた場合、次のスティントに履くタイヤの摩耗に大きく影響するというものです。
逆に硬いコンパウンドでスタートした場合、次のスティントに履くタイヤの摩耗が劇的に減少します。
オーストリア以降の特例ルールについては今後行う合同テストで様子を見ながら決定します。

<以下、オーストリアGP特例ルール>

・予選で使用するタイヤは各ドライバーの自由とする
・決勝のスタートタイヤの制限(ソフトコンパウンドの禁止)

※スタートタイヤの設定ミス等は特に注意お願い致します。

 

<オーストリアGP進行手順>

通常通り予選進行→予選終了後立て直し(立て直し回数には含まず)→ローリングスタート

 

又、以下のレギュレーションをP1 GP 2016シーズンを通して追加します。

・クラッシュ及び接続の切断を除き、ノータイムのドライバーはスタート時ドライバーズランキング順に並ぶこととする

 

昨晩各ドライバーに相談の上追加の方向でしたが、主催者のパムさんに確認をとれ次第に致します。
混乱を招き申し訳ありません。

One thought on “<重要なお知らせ> 第9戦オーストリアGP

  1. NekoDisc

    お疲れ様です。

    クイックレースでもこのバグの影響があることを確認しましたので、今後使うことになるサーキットにも同様の問題があるかの検証はオフラインでもできそうです。
    とりあえず夜行バスで一足先にイギリス入りして調査したところ、スタートタイヤによる消耗の違いはほぼ0でした。

    今から急いでオーストリアに戻ります!

    Reply

NekoDisc にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。